3種類あります

資格を持っていることがステータスみたいになった現在では、国家資格・公的資格・民間資格の3種類の資格があります。

国家資格とは、国や国が委託した機関が実施している資格です。
国が能力を保証するわけですから、難関資格が多いのが特徴です。ですが、業務独占資格や名称独占資格、設置義務資格など職業的な地位が保証されるので信用度が高い資格となっています。有名な資格では弁護士など士業や中小企業診断士、宅建などがあります。難易度は高いですが、人気の資格が多いです。

公的資格は実施するのは民間団体や公益法人ですが、官庁や大臣が認定する資格です。
認定するのが官庁や大臣ですから、民間が実施していても信用度が高い資格が多いのが特徴です。国家資格ほどではないですが、公的な資格として認められていますから、就職や転職にも有利になります。

民間資格は企業などが独自の基準で認定する資格です。
企業によっては民間資格でも他の知識と同様な知識があるものと認められます。民間資格で有名な資格としてはTOEICや英語検定などがあります。民間資格はコンサルタント系やIT系の資格が非常に多くあります。民間資格とはいえ有名な資格が多くあります。中には国家資格並みに難関な資格もあります。

それぞれの違う所をよく理解しておくと、取得する資格を考える時に役立つでしょう。
教育訓練給付制度は国家資格だけではなく、公的資格や民間資格でも制度を利用できる資格があります。資格は知れば知るほど奥が深いものです。

女性が取得しておくといい資格もたくさんあります。将来手に職を持ちたいと考えている人には、こちらのサイトが参考になると思います。
>>女性のための資格ナビ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です